読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池田重子 ウエディング・コレクション

日本一のアンティークきものコレクター、池田重子の美意識をつぶやくブログ。貴重な花嫁衣裳や和装アイテムをご紹介しています。

引き振袖【黒地 松鶴文様】昭和初期

f:id:ikedashigeko-wedding:20170215131234j:image

 

裾を長く引いた優雅な着こなしが人気の引き振袖。

引き振袖のなかでも黒地のものは「 黒引き」と呼ばれ

江戸後期から昭和初期まで広く一般的な花嫁衣装でした。


こちらの衣装は昭和初期の逸品。

松の幹には絞りを、葉と鶴には刺繍を施した格調高い引き振袖です。

綴れ織りに刺繍が施された帯も贅沢。

躍動感ある鶴の御姿とクラシカルな雰囲気が花嫁の美しさを引き立てます。

引き振袖 黒地 松鶴文様【昭和初期】
レンタル価格 45万円

www.ikedashigeko-wedding.com